百年の森林(もり)公園づくりの計画
 
 村長さんの話を受けて、5年生は公園づくりに参加させてもらうことにしました。そこで公園をつくる目的やこれからの計画を話し合いました。
 
百年の森林(もり)公園をつくる目的(今の時点で考えられる)
西粟倉の百年の森林(もり)や豊かな西粟倉の自然を日本中の人に知ってもらうために、みんなが遊んだり学習したりすることができる公園をつくる。
 
これからの計画
1現地調査
○引谷(ひかだに)の森  5月
 村長さんのおすすめの森です。村有林として、今まで村が大事に管理してきた人工林です。
○タタラの森       5月
 タタラ跡のある場所で、自分たちが候補地として考えている森です。
 
2アンケート調査     6月
 西粟倉小学校の子どもや先生方、家の人に、どんな公園があればいいかをたずねるアンケートをとります。そして公園づくりの参考にします。
 
3 公園の情報を集める  6月
 本やインターネットを使って、公園の遊具や設備について情報を集め、公園づくりの参考にします。
 
4 報告書づくり     7月
 現地調査やアンケート、自分たちが集めた情報をもとに、どこにどんな公園をつくるか、報告書にまとめます。
 
5 公園のデザイン    9月
 報告書をもとに、公園をデザインします。(絵)
 
6 村長さんや役場の人に提案   10月~11月
 役場に出かけ自分たちのデザインした公園をプレゼンします。 









2014-05-08 00:00:00