3,4年生のふるさと元気学習のテーマは「ふるさとのおくりもの」です。
 ふるさと西粟倉の豊かな自然から学び人から学ぶ活動を行います。具体的には、畑仕事や大工仕事の活動を通して、知恵や技を学びます。また「森のおくりもの」というサブテーマで、西粟倉の豊かな自然から学ぶ活動を行います。

 今回は、「沢歩き体験」です。若杉原生林から清らかに流れる沢を歩く体験を通して、川の楽しさ川のこわさを全身で感じ学びました。





 



 



沢歩き体験から学んだこと

1 こわかったこと 知恵を働かせたこと

○石の上でころんだ。次からのらないようにした。
○大きな石にのるとすべるから、手をつくようにした。
○川の流れが強いところがあって、流されそうになった。
○石のすきまに足がはさまりそうだった。
○木のえだがとがっていて、ささりそうだった。
○何回かころんだけど、なかなかった。
○足で下をさぐって足をつく所をさがしたり、登りにくい所は石に手をついたりして登った。

2 楽しかったこと

○川をよこぎっったり、山の中を行ったりしたのが楽しかった。
○深くてひざまでつかって冷たかったけど楽しかった。
○流れがきついところ、深いところ。ぼうけんみたいでたのしかった。
○川の中をジャブジャブ歩いたのが楽しかった。
○橋の下をくぐるのがたのしかった。
○みんなでやるから楽しい。

3 助け合ったこと

○川がわたれない時ころばないように三年生をささえてあげた。
○わたしがころびそうになったとき、友だちがうしろからささえてくれた。
○前の人に助けてもらったところを、次の人を助けてあげた。
○みんな助け合っていた。

4 リーダーになって

○三年生が行けるところを選ぶのが大変だった。
○みんなの様子を見てペースをおとしたりした。
○すべったり、ヘビが出そうな所をなるべく行かず安全な道を決めるのが大変だった。

5 感想

○遊園地より楽しかった。
○川の中はつめたくてきれいでとても気持ちよかった。
○2度目に入った時、川はあたたかいと感じた。
○「きゃー!」と言ったりしたけど、それは楽しい「きゃー!」だったと思う。
○はじめてして水がひんやりして、こんなに気持ちがいいんだなと思いながら沢を歩いた。
○とても楽しかったのでもう一回もっとすごい所に行きたい。



「川の水は、どうして冷たかったんだろう?」・・・帰ってから、みんなで考えてみました。
















2012-06-14 00:00:00