若杉天然林での活動後、小串小の3,4年生と西粟倉小学校のみんなが一緒に昼食を取りました。
ランチルームがいっぱいになりました。




 かんげい会のはじまりです。児童長がまずかんげいのあいさつです。




 5,6年生が中心になって間伐材でつくった西粟倉小オリジナルグッズ
「にこにこお守り」を、ひとりひとりにプレゼントしました。




 小串小の友だちがダンスを披露してくれました。おどりもさることながら
だれもが笑顔でのびのびと表現していることに感動しました。




 西粟倉小学校の全員で、「やあ!」と「あいさつタッチの旅がはじまる」を
歌っておどってお返しをしました。




 最後に、友だちになったしるしに、全員であいさつタッチをしました。


4年生の作文から

○十一月六日に、小串小の人たちと交流しました。小串小をむかえたのは、若杉天然林でした。とてもきんちょうしてどきどきでした。子どもたちがバスからおりてきた時は、「えー、どんな子たちだろう?」と思いました。あいさつタッチをした時は、近くで顔が見えて、「海のことを知ってそうだなー。」と思いました。
 お昼は小学校のランチルームでいっしょに食べました。となりの子と話ができなかったのが、がっかりです。今は「もうちょっと話をすればよかった。」と思っています。でも、またの機会があるので、その時はがんばります。
 さよならをする時、「今日はありがとうございました。」と小串小の子が言ってくれたのでとてもうれしかったです。

○今日は小串小の三、四年生と交流して楽しかったです。前から会うのを楽しみにしていたので、若杉で水や木、森のことを学習したり、みんなでお昼を食べたりできてうれしかったです。西小と小串小は、にているなと思ったことがあります。それはクラスにおもしろい人、楽しい人がいてみんなが明るいことです。
 今日の交流はみじかい時間だったけど、楽しかったです。今度三月に小串小に行くのが楽しみです。

○初めて小串小の人と会った時、(とっても楽しそうでおもしろそうな子ばっかりだな。)と思いました。かんげい会の時、小串小の人たちのダンスに元気をいっぱいもらったので、今度は私たちがあげる番だと思います。(はやく、3月がこないかなー!)







2012-11-06 00:00:00