参加した全国の子どもたち、西粟倉村の方々、引率された先生方、またサミット関係者のみなさんが子どもサミットin西粟倉村の感想を寄せてくださいました。

 子どもから
○天然林と人工林の違いがわかった。
○沢歩きではじめて水の中を歩いたことが心に残っている。
○ふだん見たことのない生き物を見ることができた。ホタルも見えてよかった。
○森の力が、ちがう学校の子どもと仲良くしてくれた。
○活動班のみんなで「ああしよう」「こうしよう」と話し合い、チーム力が深まった。
○人と接するのが苦手だったけど、このサミットで初めての人でも仲良くなれることがわかった。
○短い時間だったけど、みんなと発表できてうれしかった。
○大人の力をかりなくて自分たちだけで協力することができて、友情が深まった。
 
村の人から
○遠くから来てくださってありがとう。子どもたちが楽しそうにしていたので私も一緒にしたかった。
○アクセサリーづくりは、みんなで盛り上がりました。子どもたちの発想はすごいなと思いました。
 
 
引率の先生から
○カリキュラムはもちろん、実際にそれを具現化していく上での学習活動に地域の方々がたくさんボランティアとしてかかわっていること、大いに参考にさせて頂きます。
○学校と地域とがつながっている教育力は子ども達によく効くといくことを子ども達の姿から、地域の方の言動から感じ取る事ができました。その媒体が、森林でした。森林には、世代を超えて人と人をつなぐ働きがあることを実感することができました。
 
参加された関係者のみなさんから
○その名の通り、ふるさとを元気にする力が詰まった素晴らしい取り組みですね。子どもがふるさとの魅力に気づき、発信することで、大人もふるさとへの誇りを回復し、それがまた子どもに伝わるという循環が生まれているように思いました。
○ふるさと元気給食で、食材の生産者の方と一緒に食事をしてお話を聞くというのは都会ではめったにできない良い機会でした。農家の方々の誇らしげな顔(笑顔)は素敵でした。ごちそうさまでした。 




 

2015-08-05 00:00:00