前日より天候が心配される中、空とにらめっこをしながら、春の遠足が始まりました。

今回の遠足は、若杉原生林~大茅スキー場の間を歩き、途中からバスで下校するコースです。

 

スタートの若杉天然林では「1年生を迎える会」や「ふるさとみっけ活動」を行い、スキー場に向かう途中には「森のおくりものビンゴ」を行いました。

 

山の天気は変わりやすく、天然林を出発する時に雨が降り始めましたが、みんなでカッパを着て「雨の森たんけん」に出発しました。

その後、スキー場に着いてお弁当を食べている間も雨がやまず、スキー場からバスで学校に帰ることになりました。



今回の遠足では、縦割り班で活動に取り組むことが多く、子どもたちのがんばる姿をたくさん見ることができました。
2013-05-01 00:00:00