みなさんへ
 
 こんにちは。お手紙ありがとうございます。標茶町の中茶安別小学校5,6年生の6人です。
西粟倉小学校のみなさんは、学校林で私たちとはまたちがう、おもしろい活動をしていますね。私たちの間では源流たんけんが「楽しそう」と人気でした。
 
 それでは、私たちの住んでいる標茶町について紹介します。
 私たちの住んでいる標茶町は北海道の東側にあります。人口は約8000人です。みなさんは、自分たちでたくさんのキャラクターを考えたそうですね。標茶町にも有名なキャラクターがいるんですよ。牛を飼っている人が多いので、牛のキャラクターなんです。名前はミルクックさんとハッピーくろべえという名前です。そして、標茶町でおすすめしたい観光スポットは、多和平(たわだいら)という所です。多和平は360度地平線が見えることろで有名なんです。
 
 次に中茶安別小・中学校について紹介します。私たちの小・中学校の全校児童生徒は、26人います。私たちの学校ではエンジョイバールという取り組みをしています。エンジョイバールとは、楽しかったことやうれしかったことなどを書いて、箱に入れると委員会の人が、ろう下にはって紹介してくれます。
 ほかにも、ポスターをはっていじめの防止や言葉づかいを直す取り組みもやっています。
 
 最後に、ぼくたちの学校林について紹介します。学校林には沼があり、その近くにツリーハウスがあります。沼にはドジョウやプランクトンがいますが、水源がわき水できれいすぎるために、逆に生き物が少ないそうです。
 それからツリーハウスでは何人かずつお泊まり会もしています。ぼくたちの学校の学校林の広さは約10ヘクタールです。そしてなんと83年前から植樹を始めて、これまで10万本も木が植えられてきました。
 学校林では色々なことをやっています。たとえばツリーイングです。ツリーイングは木にロープをかけてのぼります。ほかにも冬にはスノーシューをはいて動物のあしあと探し探検などもしています。
 これからもおたがいの様子を交流できたらいいですね。寒くなりますがみなさんもカゼをひかないようにがんばってください。 

 西粟倉小学校のみなさんお元気ですか。
 以前の子どもサミットでは西粟倉小学校では色々な活動をしていることや、そこにいる生き物のことがよくわかりました。ぼくが特におどろいたことは、小川に「オオサンショウウオ」がいるということです。
 さて以前にいただいた手紙で書かれていた「ツリーイング」のことについて、ぼくたちがやってことを紹介したいと思います。
 まず、インストラクターの方に来てもらい太くてじょうぶな木に設置してもらったロープにのぼります。ですがのぼる前にインストラクターの方からのぼり方や、道具のつけ方を教えてもらいのぼりました。とても楽しかったです。
 
 最初にやったことは、高さ15mくらいの太くてじょうぶな木をさがしました。そして気に入った木があったら、その木にインストラクターの方がロープを設置してくれました。そして木の登り方はインストラクターの方におそわってください。一番上まで登るととても景色がよくて、とても気持ちがいいですよ。
 西粟倉小学校のみなさんツリーイングを心から楽しんでください。 
















2013-12-20 00:00:00