第二章 山田小学校にやって来た!  作 山田小学校四年生
 
第一部 「カヌーでかんげい」
 
 吉野川をどんどん下ると吉井川につながりました。
 吉井川を下っていると、
「あっ、山田小学校だ!」
と、あいちゃんとタッチャンがさけびました。
そのまま、川を下っていると子ども四人と先生が、カヌーに乗っていました。
「あれあれ、子どもたちは上手なのに、先生はグルグル回っていますよ。」
でも、助けようがありません。こまっていると、山からサルがおりてきて助けてくれました。
「ポチャン、ポチャン・・・。」
子どもがパドルを水に落としてしまいました。そこへ、山からシカがおりてきて、大きな角でパドルをひろってくれました。
 みんなは、あいちゃんとタッチャンをカヌーに乗せて、学校へ連れていってあげました。
 
 
 山田小学校は、山にかこまれていました。
「野ウサギが、ピョンピョンはねているよ。」
「何だか、楽しそうなリズムだなあ。」
「これは、何だろう?」
「これはねえ、太鼓だよ!」


次へ

 
 
2012-12-04 00:00:00